「ほっ」と。キャンペーン

Tea for two

藤田嗣治展

12月になりました。
随分寒くなってきましたね。

先日ずっと気になっていた藤田嗣治展へ行ってみました。
個性的な風貌と独特な乳白色を使った裸婦の画、また戦争画などで有名な画家ですね。

昨年だったでしょうか?映画にもなったので再び脚光を浴びて話題になった画家ですが
遅ればせながら、やっとその独特な世界に触れることができて充実した時間を過ごすことが
出来ました。

e0231771_22104733.jpg
試行錯誤を繰り返し色々な作風の画が生み出されたわけですが、やはり
彼の`乳白色’に魅了されています。
少しだけグレーがかった色が入ったようななんとも言えない乳白色は
フランスのこの時季の空の色にも見えたり。

人気の展覧会だったのか、残念ながら図録は完売で購入できませんでしたが、
彼の生涯に関する本も買ってみたので、これからゆっくり読んでみたいと思っています♪

あ、また寒空の下バラが咲きました。↑^^

by colletgarden | 2016-12-13 22:21 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://colletgdn.exblog.jp/tb/25045564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ukico32744 at 2016-12-14 16:45
こんにちは。お久しぶりです♪
藤田嗣治の作品、昨年「夢見るフランス絵画」展で見ました。
確かに「乳白色」が印象的でした。
とても繊細で神経質な線と顔立ちは、日本人というより向こうの人に近い感じがしますね。
本、興味深いですね。
Commented by colletgarden at 2016-12-14 22:35
ukico32744様
こんばんは♪
ukico様も藤田嗣治の乳白色に注目されていたなんて嬉しいです^^
`藤田嗣治 パリからの恋文’ 今回買ってみた本ですが、当時のパリにタイムトリップした
気持ちになってお正月休みにでも読んでみたいと楽しみにしています♪
Commented by tossyk at 2016-12-16 21:54
寒くなりました。今日は、今年冬初めてうっすらと白くなりました。
勤務終わって、久しぶりに金沢へ飲みに行こうかと思ったりしたけど、
寒いので大人しくく?家飲み、安上がりです 笑

あら、、ukiさんとお話しが合うようで^ ^
ぼくには、いまは解らない世界だけど、よく見たら
気になってしまうかも…ですね^^

blogを、一新しようと準備しています。
colletさんには、ちゃんとした写真?が撮れたら鍵コメでお知らせします^ ^

あ、まだ薔薇が咲くんやね。
うちのは、夏から秋にかけて 何本か元気が無くなり枯れてしまいました 泣
Commented by colletgarden at 2016-12-18 00:02
tossyk様
お久しぶりです。
そちらも寒そうですね・・・。ブログを
新しくされるんですね。
tossykさんの写真、充実されているのできっとまた素敵なものになるのではと思っています^^
こちらは相変わらず写真とはちょっと離れてしまっていますが、画を描いたり、布を染めたりと来年の春に向けて
やることが山積みになっています♪♪
バラは咲くと嬉しですが、今咲いてしまうと来年の春はどうでしょう??と少し心配ですが、よしとします^^