「ほっ」と。キャンペーン

Tea for two

カテゴリ:レオ( 25 )

レオのお人形

レオがこの夏に亡くなってしまった後、お友達のシャンママさんにお願いしていたレオのお人形が出来上がったよ~と連絡があったので受け取りに行って来ました。

ドキドキしながら箱を開けてみたら...レオにそっくりなお人形!!シャンママさんは、樹脂粘土を使ってお花や動物のお人形を制作しています。後ろに写っているお花もシャンママさんの作品です♪


e0231771_1912755.jpg



カイに「レオがまた戻ってきたみたいね!」って話しかけてみたら、カイも嬉しいのか大興奮!?駄目よ~大切にしないとっ!

e0231771_19171884.jpg


ちょっと拗ねたような表情もそっくりで、なんだか涙が出てきてしまいました。
シャンママさん有難う♪♪♪

e0231771_19182913.jpg


樹脂粘土でワンちゃんや猫ちゃん&お花等素敵な作品を作っているシャンママさんのHPはこちら↓です。
ジョニー工房
by colletgarden | 2011-10-07 19:37 | レオ | Trackback | Comments(8)

レオの旅立ち

ずっと病気の症状がなんとか落ち着いていましたが、7月31日の早朝旅立ってしまいました。
30日の深夜から31日の朝にかけて雷が鳴ったり地震があったりとても不安な夜でした。
そんなお天気の様子と並行するようにレオの状態も悪化し、神経症状と思われるものが出たのに加え時折どこか痛むのか大きな声で鳴いたりと、本当に見ているのが辛いほど可哀相でした。

FIPという病気が不治の病だとは分かっていましたが、明確な原因等が解明されていないということは例外もあるのじゃないか?と小さな希望を抱いていたりもしていた数ヶ月でしたが、やはり結果は同じでした。

8月16日がレオのお誕生日ですので、そこまで持ちこたえたら免疫力がつく1歳以降少し体力もついて楽になってくるのじゃないか?とも思ったのですが、
お誕生日にわずか16日及ばない旅立ちとなってしまったことが悔しくてなりません。

e0231771_14514831.jpg


昨日、立会い火葬にてレオは荼毘に付されました。
沢山のお花で体を覆ってあげ最後のお別れをしてきました。。
残されたレオのお骨はびっくりするくらい細く...細い体で本当によく頑張ったね...。

e0231771_14542141.jpg


まだまだこれから沢山カイと追いかけっこをしたり、美味しいものをうんと食べたりしたかったでしょう。朝になると私の頬を舐めて起こしてくれたり、どこへ行くにも付いて来ていたレオです。
病気になって歩くのが困難な状態でも、不安定な姿勢で足を引きずるようにしながら私に付いてきていました。

ふと部屋の片隅を見るとレオがじっとこちらを見ている姿が目に浮かびます。きっとまだ自分に起こったことが理解できずにいるんじゃないかな??
助けてあげられなくて、ごめんね レオ。



e0231771_14562041.jpg




たった一回のお誕生日でさえお祝いすることは許されませんでした。

...今は本当に大きな喪失感を感じています。


e0231771_21275687.jpg

by colletgarden | 2011-08-04 15:17 | レオ | Trackback | Comments(18)

廊下にて

レオは私が別の部屋へ移動すると不安なのか必ず追いかけてきます。
追いかけるといっても以前のように走ったりすることができないので、不安定な格好でゆっくりと
歩いて来ます。
最近は食欲もあり、歩く姿勢こそ不安定ですが歩く速度も少し早くなってきました。ちょっと目をはなすと、さっき居た場所から忽然と消えて違う場所に移動していたりします(笑)。

今朝もバタバタと行ったり来たりしていたら、いつの間にかレオが廊下に出ていました。

e0231771_19424241.jpg


と思ったら、カイがバタバタと走り回って玩具をくわえてレオの前を行ったり来たり。

e0231771_1944181.jpg


するとレオも走りたいのか反応します。

今日はカイの前で急にピョン!と低く跳ねました。着地がちょっとよろけて可哀相でしたが
動きたいという気持ちがあるようです♪今日は朝からレオとカイ、廊下で楽しく遊びました。
昨日に引き続き、涼しく気持ちの良いお天気だったからかな?
これからもゆっくり頑張ろうね、レオ。
e0231771_19444843.jpg

by colletgarden | 2011-07-22 19:55 | レオ | Trackback | Comments(6)

嬉しい出来事

一昨日レオの左目が辛そうで落ち込んでいた私でしたが、医師から貰った目薬が効いたのか
左目が開かないようなことは無くなりました。
それに加え、お座りも出来なくなってしまって...と私が言ったからかどうかは分かりませんが、
前足でどんどん移動するレオをそっと抱っこして、お座りの状態を思い出させてあげるべく
座らせてあげたら...それから自分でお座りすること数回。

御飯も座った状態で、私が口へ近づけてあげるお皿から食べることに成功しました。

たまたま体調が良かったのかもしれませんが、レオももっと以前のように座ったり、歩いたりしたかったのだと思います。

この病気は一日単位で症状が悪くもなり、また逆も然り。
とにかく沢山食べて免疫力を上げることを考え、少しでも良い状態に近づいていくことを目標にしたいなと思います。

e0231771_2234532.jpg


カイが走ったり、玩具で遊んだりする姿をじっと見つめていることがあるレオ。いい意味で刺激を貰っているところもあるのかもしれません。

e0231771_22342329.jpg

by colletgarden | 2011-07-13 19:42 | レオ | Trackback | Comments(2)

悲しいです

このところ食欲もあり運動量も少し増えて少し元気な感じに見えたレオですが、昨日から急に
左目がしょぼしょぼとしてきました。

FIPにかかると色々な臓器にウィルスが影響を及ぼすために、神経症状が出たり今までと全く違った性格の猫ちゃんになってしまったかのような態度をすることがあるそうです。
レオの場合はまだそういった症状は見られないのですが、目に症状が出てきてしまっているようなのです(泣)。

目にウィルスが来ているということは、脳の方にまでウィルスが達しているという可能性を裏付ける一つの症状とも捉えられるとのこと...。
他にもこれ以上目の症状が進んだ場合のことについて、とてもショッキングな事を医師に言われて
しまい脱力感に苛まれています。

e0231771_2118541.jpg


こんなに元気な時もあったのです。ちゃんとお座りが出来て...当たり前だったことが今はそうではありません。

e0231771_21191057.jpg


元気を出したいところですが、
今日はとても疲れました。
by colletgarden | 2011-07-11 21:22 | レオ | Trackback | Comments(2)

夜中のお散歩

ここ数日自分で再び歩きたいと思うのか、レオは前足を使ってかなりの距離を動き回っています。
夜中にちょこっと餌を与えるのですが、その後ベッドを抜け出して動いています。
レオにとってのちょっとした夜のお散歩です。

e0231771_2112503.jpg

by colletgarden | 2011-07-10 20:49 | レオ | Trackback | Comments(2)

頑張ろうね

レオの症状はその日によって違います。
とにかく食べてもらわないといけないので、色々工夫してレオが食べたいと思ってくれるような物を
出すのに神経を使います。

e0231771_1975158.jpg


良かった!食べてくれて...。毎回祈るような気持ちです。

e0231771_19104995.jpg


カイも心配しているようです。

e0231771_19155530.jpg


頑張ろうね。

e0231771_19164789.jpg

by colletgarden | 2011-07-06 19:18 | レオ | Trackback | Comments(6)

生きようとする力

もう歩くことが出来ないレオですが、前足を使って体を引きずるようにして移動します。

e0231771_802759.jpg


カイがお見舞いに部屋に入ってくると、ぱっと表情が明るくなります。

e0231771_823588.jpg


だるいのかな...?
e0231771_813369.jpg



私が頭を撫でてあげると、嬉しいのか喉をゴロゴロと鳴らしていました。昨日も今日も、ごはんを沢山食べているレオです。生きようとする力を感じます。

e0231771_812295.jpg

by colletgarden | 2011-07-05 08:15 | レオ | Trackback | Comments(8)

レオの病気

2ヶ月ほど前、レオが‘猫伝染性腹膜炎=FIP'という病気にかかってしまっているということが分かりました。

きっかけは去勢手術を受ける際に出た血液検査での数値の異常でした。この病気はご存知の方も多いかと思いますが、簡単な血液検査だけでは発症の可能性があるかも...というような段階までしか分からず、また、実際に発症する可能性というのはきわめて少ないとされているようです。
ただ発症した場合の致死率はものすごく高く、現在の医療技術では治療方法が無いというのが現実です。

レオの場合も発症しないことを祈っていたのですが、残念ながら現実は逆の方向に進んでいっていることがわかり今に至っています(泣)。犬や人間には移らない病気なのですが、一度発症するとその進行はものすごく早く、一般的には2~3ヶ月をもって死に至るのだということもわかりました。

私もここ数ヶ月本当に苦しい思いをしてきました。もしかしたらFIPキャリアとしてでも、ゆっくりゆっくりと生きていけるのではないか?と小さな希望を抱いたりもしてきましたし、今でもそう願っています。

ただ、最初は風邪のような症状が続いていたのですが、ここ1週間でFIPを発症していると出る症状が顕著に見られるようになってきてしまいました。
私達家族も皆レオが普段と変わらない生活を送るように&レオが落ち着いて休めるようにしてあげるのがレオにとって一番だと考えていますので、その環境作りに専念しています。
この暑さもあって、食欲も落ちてきてしまっているので先週末は2日連続で点滴を打つことになってしまいました。ただ点滴で栄養を摂取できたので今は落ち着いています。


もう歩くことが出来ないので、
寝転んだままカイにちょっかい出そうとするレオ。


e0231771_15534060.jpg


レオと遊んでいいの?と聞いている?

e0231771_15545790.jpg


自分が遊びたいのでしょう...カイの手をちょん!と触ったりしているレオです。

e0231771_15561655.jpg


本当にここ5日ほどでしょうか?
病気の進行速度が早くなっているようで、後ろ足が立たなくなってしまっています。
たった3日~5日前は一階まで階段を下りてきていたレオです。

ただただ..... 悲しいです。
by colletgarden | 2011-07-04 16:30 | レオ | Trackback | Comments(8)

可愛いストーカーさん♪

レオは、私が夕食を作りに一階にあるキッチンに行く時に声をかけると付いてきていました。

e0231771_19312052.jpg


到着するとダイニングテーブルの下で私の様子をさりげなく観察...。

e0231771_19315645.jpg


椅子の上に陣取ってまたまた観察。
私が視線を向けると顔を背けてしまうことが多いので、きっと私に気付かれずに観察していたいのでしょう。猫ちゃんにはよくあるパターンですね。

e0231771_19324077.jpg


そして食事も終わり、二階に行くよ~!と声を掛けると今度はまた一緒に戻っていくレオなのでした。私が階段を上り始めるまで待っています。
カイも同じく私を待って階段を上がっていきますが、そのスピードといったらものすごく、目にも止まらぬ速さです。それに比べレオはしなやかな動きで、私と一緒に階段を上がります。猫ならではの可愛さです♪

最近は体調が芳しくないせいか二階でゆっくりしていることが多いのですが、また元気になったら可愛いストーカーさん、大歓迎なんだけどな♪と思っている私です。

e0231771_1934479.jpg

by colletgarden | 2011-06-27 19:45 | レオ | Trackback | Comments(4)